前へ
次へ

道路の反対側の事情でセットバック面積が変わる

住宅地などでは道路の両脇に住宅などが建てられるでしょう。
もしこの道路の幅が4メートル無いのであれば、将来的に建て替えをするときには4メートルが確保できる状態にしなければいけません。
通常は道路の中心から2メートルの部分まで敷地が後退するセットバックをするのを想定して住宅を建てます。
道路の幅が3メートルしかないとき、その半分の1メートル50センチと2メートルの差である50センチがセットバックになり、その反対側の土地で建て替えるときも同様に50センチのセットバックを行います。
道路の左右でセットバックが行える時はこれで問題ありません。
では道路の向こうが宅地などではなくがけや水路などの時はどうするかです。
敷地がない状態なのでもちろん建物などは建てられません。
でも4メートルを確保する必要があるため、向かいの道路の端から4メートルのところまでセットバックする必要があります。
3メートルの道路の時は1メートルセットバックしなければならず、セットバック面積も狭くなります。

トイレリフォーム 旭区

横浜市中区 給湯器交換
高い技術を持ったスタッフが、給湯器交換を行うので安心です。

土地 山梨

リフォーム 山梨

新築 山梨

Page Top